2018年02月25日

クリオロ中目黒店


中目黒駅から歩いて1分くらいのところに小さな洋菓子店「クリオロ」があります。

先日帰りがけに1個のみ購入。
1個の値段が高いので
「1個だけで」って言っても
全然恥ずかしくない。
(って思うのは私だけ??)

どれも美しく迷ってしまうのですが
購入したのはこちら  ↓  「ジャック」
8C535F0F-4E06-43A6-9EF4-C20FC4595410.jpg

B4D8A856-19BA-471A-A634-EAA372BB982B.jpg

濃厚なチョコレート生地、
サクサクパリパリしたフィヤンティーヌ
チョコレートの生地の層
上面はキャラメルが覆い

美味しかった‼︎

一個650円也

次回は別のケーキを又「1個買い」します。

今から17年くらい前になるかなあ、
クリオロ氏が2000年に
日本で洋菓子教室を開き
1回だけ行ったことがあります。
クリオロ氏がまだお店をオープンする前だったような気がします。
その後、
2013年に教室を閉じて
店舗経営に力を入れていったようです


クリオロ | エコール・クリオロ中目黒店



フイヤンティーヌ [feuillantine](仏)


Brisures creêpes dentellesとも言い、薄く焼いたクレープのようなものを砕いたとても薄いかけらです。初めはボンボン・オ・ショコラのセンターとして使っていましたが、その後、お菓子にも使うようになりました。お菓子に使うとサクサク、カサカサといった食感が生まれるのです。水分のある生クリームのガナッシュやムースに使うと湿気ってしまいますので水分のないものに使います。
パユテ・フォュティヌ(カカオ・バリー社)やロイヤルティーヌ(DGF)などの商品名で売られています。

posted by petitfous at 19:37| Comment(0) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- 白尾久代 -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
     data-ad-client="ca-pub-8099882896953293"
     data-ad-slot="1550014160"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>