2018年09月11日

強力粉について



皆様こんにちは。
やっと涼しくなり
夜は軽い掛け布団だけでは
ちょっと肌寒いように感じるこの頃です。

9月のパンレッスンでは
「プルマン」(角食パン)を作っています。

角食パンは山形食パンより難しいです。
使用する強力粉で蓋をして
オーブンに入れるタイミングが違うからです。

最初の頃は日清の「スーパーキング」
という強力粉を使っていました。
その後地元の強力粉「黄金鶴」を使うようになり
今年は再び「スーパーキング」を
使って焼いてます。

スーパーキングや日本製粉の「ゴールデンヨット」などはタンパク質含有量が多く
釜伸びがいいので
山形食パンや角食パンに向いています。

強力粉も色々あってどれを使っていいのか迷いますよね。
8月の塩パンは「リスドウル」という
フランスパン専用粉(準強力粉)を使いました。
粉を変えると歯ごたえや味わいがまた違ってくるのがわかるかと思います。

でも私は基本的には地元産の強力粉
「黄金鶴」を使っています。

国産なのでホストハーベストの心配がないし
普通のパンでしたら美味しく焼けます。
地粉強力粉 黄金鶴 2kg | 国内産小麦100%使用小麦粉,国内産原料強力系パン用粉 | | 粉やの息子


以下に色々な強力粉の比較が載っていますので



又教室で使用している「黄金鶴」で
パンを作りたい方は
1k単位でお売りしていますので
ご連絡下さい。

2B85B336-6159-4738-8C31-BB9BB723773B.jpg
成形して1、5斤の型に入れました。


ED68F781-938F-47B9-B766-6590A340238B.jpg
膨らんできました。
9E81E2B9-B280-4491-BB42-92E4A4C30E95.jpg

8340F9E0-9CC7-48F9-B221-9DD939246D08.jpg
そろそろ蓋をしてオーブンに入れようか。。。

この食パン型は高さがありますので
蓋につくくらい発酵させてから
オーブンに入れたほうがいいみたいです。

とにかく何回も焼いて入ればオーブンに入れるタイミングがわかるようになります。


ではまた

posted by petitfous at 09:47| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- 白尾久代 -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
     data-ad-client="ca-pub-8099882896953293"
     data-ad-slot="1550014160"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>