2008年04月26日

ベーグルとフォカッチャ

ふぉかっちゃ.JPG


ベーグル.JPG

ベーグルとフォカッチャを焼きました。
ベーグルは2次発酵後、片面30秒ずつ茹でてから焼成します。
茹でるお湯の中にお砂糖をちょっと入れると生地の表面に光沢が出ます。

フォカッチャはイタリアの、平たく焼いた丸いパンのことで、ピザのルーツとも言われています。
ハーブ、肉や野菜、チーズなどをのせて焼くこともあるそうです。
焼くときにできる気泡を逃がすため、生地に指で穴をあけた形が特徴的です。
このフォカッチャは生地の中にトマトの水煮(缶詰)を入れたので、ちょっとオレンジ色になりました。
 
posted by petitfous at 05:35| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- 白尾久代 -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
     data-ad-client="ca-pub-8099882896953293"
     data-ad-slot="1550014160"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>