2008年06月27日

パンを送る

パン1.JPG  

パンを焼きました。
パウンド型で4個できたので、
3番目の息子といつもお世話になっているHさんに送りました。

夜は洋菓子応用コースのレッスンがありました。
今夜は金曜日ということもあってみなさんちょっとお疲れ気味?
(実は私もでした〜)

でも皆さん失敗なくおいしそうなフランボワーズのムースが出来上がり(ホッ)

昨夜はベテラン主婦の方々4名、
今夜は30代前半の方々4名

雰囲気も話題もクラスごとに違って私にとってはなかなか楽しいレッスンです。
(生徒の皆さん、いつもありがとうございます)
posted by petitfous at 23:34| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

出かけてきます

  7月になりました。
梅雨の真っただ中、今朝はどんよりとした雲に覆われ、肌寒い感がします。

これから天然酵母パンの勉強のため、東京に行ってきます。
帰りは明日夜になります。
posted by petitfous at 06:18| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

プチフールの野菜たちがほめられた

   プチフールの駐車場の草むしりをしていたら
道を歩いていた60歳くらいのおじさんがフェンス越しに声をかけてきました。

「ナスやキュウリが元気いいですね。
うちも野菜を作っているのだけれど、こんなに元気が良くない。
ここの土地はあまりいい土ではないのに、どうやって作っているのですか?」

おじさんは近所の方らしく、この土地が石ころがゴロゴロ、セメントのようなものがジャラジャラで
まったく良くない土地だというのを知っていたようでした。

私は時々たい肥を買ってまいているということを
たい肥の袋を見せながら話しました。

おじさんは
「こういうたい肥を買ってくればいいんですね」
なんて感心したように言っていました。

適当にやっている家庭菜園なのにほめられちゃって何だかうれしい気分です。

確かにまだまだ石ころゴロゴロ、セメントジャリジャリなのに
よくここまで育っていると私も思っています。

たい肥の他に
教室で卵の殻がたくさん出るので、それも根元にまいています。

それから、
キュウリ農家の方に聞いたのですが、薄めた砂糖水をキュウリの根元にかけてやると
おいしくなるのだそうです。

それで、
レッスンで缶詰を使ったときは、缶詰のシロップを薄めてかけてあげたりもしています。
 
時々
残ったお菓子もあげちゃいます。。。

きゅうり2.JPG 

ナス.JPG
posted by petitfous at 19:04| Comment(4) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンを焼く

  今日焼いたパンは

       「ドーナツ」 & 「エピ」

ドーナツは
リング状にして揚げたもの、
生地をひも状にしてねじったツイスト
中にクリームチーズを入れたチーズドーナツ
中にラズベリージャムを入れたラズベリードーナツ

この中でヒット商品は
チーズドーナツラズベリードーナツです。
あんこがなかったので入れてみたのですが、
どちらもとってもおいしかった。

ラズベリードーナツはジャムをあまり入れすぎないように。
揚げているうちに中のジャムが出てきてしまいますからね。
(実はたくさん入れすぎてちょっと出てきてしまいました。
 でもおいしくって全部食べてしまいました)

ツイスと.JPG 

アゲクリームチーズ.JPG 
 
「エピ」は「麦の穂」という意味でフランスパンの生地で作ります。
細長く棒状にした生地をはさみで大きく麦の穂のようにカットします。

エピ.JPG
posted by petitfous at 22:25| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

なんでもピッツア

ピザ.JPG  

冷蔵庫の中に黒糖ブレッドの生地が残っていたので、
マイランチ用に黒糖ピッツアを焼いてみました。

周りの額縁は壊さないようにしながら、
真ん中の生地は薄く薄く伸ばします。

生地の上に缶詰のカットトマトをのせ、塩とオリーブオイルを振ります。
その上にとろけるチーズをのせ、庭で摘んだバジルをた〜っぷりと。
250度に余熱したオーブンの中にさっと入れて約3分〜5分焼成。

黒糖ブレッドの生地なので、額縁のところがちょっと甘めですが、
なんでもオーケーなのがピッツアのいいところです。

ちょっと失敗してしまったパン生地ものしてチーズをのせればおいしいピザに変身です。

posted by petitfous at 13:41| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

チーズブレッド

チーズブレッド3.JPG 
7月のパン教室のメニューは

*チーズブレッド
*シュネッケン
*魚介類のマリネ  です。

チーズブレッドは生地の中にプロセスチーズをたっぷりと入れ、
チーズの塩気と香ばしさを出しました。

チーズブレッド2.JPG
posted by petitfous at 07:15| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚介類のマリネ

まりね2.JPG 

パンコースではいつも2種類のパンを作ります。
そして試食の時は昼食になるように
簡単なサラダ(又は)スープなどを作ってお出ししています。

今月はイカとエビを夏野菜と一緒にマリネにした「魚介類のマリネ」。
暑くて食欲のない時におすすめの一品です。

「マリネ」とはフランス語で「漬ける」という意味で、
魚介類や野菜、肉などの食材をハーブなどと一緒に油、酢、などに漬け込むお料理のことです。
漬けこむことで、食材に下味をつけたり食材を柔らかくしたりします。

posted by petitfous at 23:26| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

シソパンと赤シソドリンク

始祖ブレッド.JPG  

シソをいただいたので、シソパンを作ってみました。
グラスの飲み物は赤シソドリンク。
とってもきれいな赤い色で、さっぱりおいしい飲み物です。
posted by petitfous at 18:41| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

チーズブレッド2008

チーズブレッド2008.JPG  

今年のチーズブレッドは成形を変えてみました。

分割後、のした生地の上にカットしたチーズを置き、
クーペ型に成型します。

2次発酵後、、中心にクープ(切り込み)をしっかりといれ、霧を吹いて焼成。
中のチーズが見えるくらい切り込みを入れた方がおいしそうに出来上がります。
posted by petitfous at 08:37| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

東京製菓学校へ

東京製菓.JPG 

  昨日今日と、東京製菓学校で「和菓子」「製パン」「製菓」の夏季セミナーがありました。
私はすべて受講したかったのですが(同時開催ですので)
今年はパンを勉強してきました。

23日は先生が全てのパンを説明を交えながら制作してくれました。
今日は、実際に自分たちで仕込みをし、制作しました。

アンパンは酒種を使ったもので、酒種作りに4日間もかかります。
中に詰めた漉し餡も丁寧に豆から煮て作りました。

天然酵母の「ルバンリキッド」は5日もかかります。

そのルバンリキッドを生地の中に加えて
全粒粉のパンちょっと変わったカレーパンデユラム粉のチャバッタはったい粉を使ったパン・ア・ラ・ビエール栗粉のパン

とたくさんのパンを作りました。

ルパンリキッドや、酒種を使ってのパン作りはちょっと教室で教えるのは難しいかな、と思いましたが、
最近のパン屋さんはこのような天然酵母を使用するお店が多くなっているようです。

全粒粉パン.JPG 
全粒粉のパン  全粒粉を入れて食パン型に焼き上ました。

  焼き上がったパン1.JPG 
カレーパンが焼き上がりました。(下)
このカレーパンは全粒粉のパン生地で作りました。
具を入れた後、薄くのばしてパン粉をつけてオーブンで焼きます。
カリっとしていてなかなかおいしい。

 坂だねアンパン.JPG
酒種アンパン
ほんのりと酒種の味がします。

 ビールパン.JPG
パン・ア・ラ・ビエール  黒ビール使ったハードなパン  
重くてちょっと酸味があります。こういうパンはそのままより野菜やハムなどを挟んでいただくとおいしいと思います。

クリパン.JPG 
栗粉のパン  栗の形をしています。
中には栗の甘露煮、ドライリンゴ、クルミがたっぷりと入っています。

全体パン2.JPG 

洋菓子クラスには私の友人が参加しているので、ときどき覗いていました。
今年は「ショコラ」の制作だそうで、チョコレートを使ってリボンや三日月、球などを作りそれをまとめてチョコレートのピエスモンテ(工芸菓子)を制作しました。

洋菓子クラスの廊下を通ると甘〜い香りが漂ってきて
友人が制作した高さ50cmくらいあるピエスモンテを見て

「あ〜ショコラもやりたかった」と思っている私です。

午後4時過ぎに終了。
修了証書をいただき、大きな紙袋2袋に自分たちで制作したたくさんののパンを詰めて帰ってきました。
posted by petitfous at 22:04| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- 白尾久代 -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
     data-ad-client="ca-pub-8099882896953293"
     data-ad-slot="1550014160"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>