2009年01月10日

クロワッサン

クロワッサン(Croissant)は、フランス語で「三日月」の意味。
バターを多く使っていて、サクサクとした
食感と甘みが特徴的です。


その独特のサクサクした食感は、生地にバターをはさんで何度も折りたたむことで生み出されます。
チョコレートを包んだクロワッサンはパン・オ・ショコラ(pain au chocolat)と呼ばれています。
プロセスチーズやウインナーソーセージなどを包んで焼き上げられることもあります。

切り込みを入れて
レタスやキュウリなどを入れサンドイッチとしていただいても美味しい。

 私が本場パリのクロワッサンをいただいたのは今から20年前。
上の子供2人を連れて家族4人でヨーロッパを旅行した時でした。
パリのホテルの朝食は確かクロワッサンと紅茶だけだったような。

そして3年前パリのリッツ料理学校にお菓子を習いに行った時、
授業の始まる前には毎回コーヒーと一緒にサクサクのクロワッサンをいただくことができました。


クロワッサン1月.JPG 
焼きあがってから上面にメープルシロップを塗りました。

アーモンドのクロワッサン.JPG
2次発酵後、アーモンドダイスを振って焼き上げました。


カット.JPG 
オーブンから出した時
天板にバターが溶け出していず、
カットした断面が層のようになれば成功です。



posted by petitfous at 22:17| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

天然酵母パンを焼く

昨日こねて一次発酵させておいた天然酵母パンを
今日成形して焼きました。

表面はぱりっと焼き上がり、
中はもちっとした感じ。
粉の味がしっかり味わえるパンです。

酵母は「ホシノ天然酵母」を使用しました。

田舎パン2.JPG 
300gの粉をこねてそのまま丸く成形して焼成しました。


天然酵母.JPG 
<全粒粉を入れたクーペ >
クーペ とは
   Coupe 「切る」という意味
   切り込みが一本入ったすっきりした外観で、丁度ラクビーボールのような形のフランスパンです。



posted by petitfous at 16:12| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

ムース・フロマージュ

  昨日レッスンの応用コースのお菓子は
「ムース・フロマージュ」でした。

クリームチーズのムースになります。
昨年は「キリ」のクリームチーズを使ったのですが、ちょっと塩っぽく感じましたので、
今年はあまりクセが無く軽い味わいのcoopのクリームチーズを使用しました。

ムース・フロマージュ.jpg
底にはビスキュイをしき、ムース・フロマージュを半量入れます。
冷凍して固めておいたホワイトムース(実際は黄色ですが)を中心にのせ、
残りのムース・フロマージュを入れ、上面を平らにします。

posted by petitfous at 17:14| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

ゆっくり発酵〜天然酵母パン

pann.JPG 

 午前中手でこねた一次発酵中の天然酵母のパン生地です。

昼間の室温は20度弱。夜は10度弱くらい。
低温の中でゆっくりゆっくり発酵です。

この室温だと明日の朝はまだ一次発酵は完了していないと思います。
成形と焼成は午後からかな。

どんなパンになるか楽しみでしょう?
明日おいしそうに焼けたらアップしますね。

posted by petitfous at 22:53| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

今日のパンはちょっと失敗

 昨日こねて一次発酵させておいたパン生地を今日12時半頃成形。
室温15度くらいの教室のテーブルに置いたまま(二次発酵)美容院に行ってしまいました。
美容院が思いの外時間がかかってしまい、3時半頃戻ってきました。

成形したパン生地を見ると表面がちょっと乾燥気味ですが、パンパンに発酵しすぎているという感じではありません。
オーブンのスイッチを入れ、
パンの表面にクープを入れていざ水蒸気の入ったオーブンの中へ。

いい感じにクープも開いているように見えたのですがーーー。

 天板を裏返してその上に細長いバケットの生地をころんとのせ、オーブンの2段目に入れました。
(1段目は水蒸気を出すための天板が入っています)

そうしたら焼いているうちにオーブンの天井に生地がくっついて上面がちょっと平べったくなってしまいました。クープも綺麗に開かなくなってしまいました。

フランスパン.JPG 残念!
家庭用のオーブンだと庫内が小さいのでなかなか大変です。

でもーーー
形は今ひとつだったけれど表面がぱりっとしておいしい手作りバケットにできあがりました。

ふきみそ.JPG 
修了証書を取りに見えたMさんからいただいたふき味噌とアクリル糸で作った手作りたわし

ふきみそ2.JPG 

焼きたてパンにいただいたばかりのふき味噌をつけて早速試食です。
(フランスパンとバター&ふき味噌、意外と合うみたい)
posted by petitfous at 17:42| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

今日のパン

 気持ちの良い日が続きます。

 昨日のパン教室で、生徒さんが手ごねでこねたパン生地を
生徒さんがお帰りになってから成型し焼成しました。

 皆さんが手でこねたパン生地はきれいに膨らみ美味しく出来上がりましたよ。


よもぎパン.JPG 
よもぎあんパンは中に入れるあんこがなかったので、
「何かないかな〜」と冷蔵庫の中を探す。
冷凍してあったマロンペーストとクリームチーズがあったので、
それらを入れてみました。

今日のパン.JPG 
クルミパンのクルミなし生地を細長く成型してみました。
このパンを横でカットしハムやレタスを入れていただくとおいしいです。
今朝 ハムとレタスを挟んで写真を撮ろうと思っていたら
既にテーブルの上にパんは存在していませんでした。


マーブルブレッド.JPG 
マーブルパンです
posted by petitfous at 07:57| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

摘んだヨモギでヨモギあんパンを作る

よもぎ.JPG

 実家の近くの畑でヨモギを見つけました。
そのヨモギは 道から一段あがった畑に自生していました。
車から降りて柔らかそうな葉っぱをたくさん摘みました。

ヨモギなんて今の時期道端にたくさん生えていますが、
パンや和菓子に入れる場合、ワンちゃんたちのお散歩道のヨモギはやめた方がいいですよ。

 
           晴れ 晴れ 晴れ 晴れ 晴れ
 
 
 いつもヨモギあんパンは「乾燥よもぎ」を買って作っています。
今日のパン教室では私が茹でたフレッシュヨモギを使って
皆さんにパンをこねていただきました。

      晴れ 晴れ 晴れ 晴れ 晴れ

 ヨモギはよく洗って沸騰した湯の中で茹でます。(少々塩を入れて)
柔らかめに茹であがったヨモギを水で洗い、ぎゅっと手で水を切ります。
水を切ったヨモギをフードプロセッサーで細かくペースト状にします。
このペースト状のヨモギをパン生地の中に入れて良く捏ねます。

ボールの中に入れて一次発酵開始。

よもぎ一次発行.JPG
一次発酵が終了した状態。とってもきれいな緑色です。

よもぎベンチ.JPG
分割した後、ベンチタイムをとります
ベンチタイムをすることで分割してガス抜きした生地が再び発酵して柔らかくなります。
ベンチタイムが終了したら成型です。
生地を丸くのしてまん中にあんこを入れて包みます。
発酵器の中に入れて二次発酵開始。

 よもぎ仕上げ発酵.JPG
二次発酵が終了しました。
黒ゴマをつけてオーブンの中に。

 よもぎ出来上がり.JPG
約12分で焼きあがりました。  
乾燥よもぎよりきれいな色に焼きあがりました。

      晴れ 晴れ 晴れ 晴れ 晴れ

500gの強力粉に対して 乾燥よもぎは10g使用しました。(もう少し多くてもよい)              
フレッシュヨモギはペースト状で45g入れました。(きれいな緑色になりました]
乾燥ヨモギを使用する時は水分は通常より多めに
フレッシュヨモギを使用する時は少し少なめにした方がいいです。
posted by petitfous at 21:09| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

再び天然酵母でパンを焼く

 先日のパン教室で「最近天然酵母でよくパンを作っていますね」と生徒さんに言われました。
確かに最近よく天然酵母パンの写真をブログにのせています。

どうしてそんなに天然酵母パンを作っているかというと
作った酵母菌は冷蔵庫でだいたい1週間くらいしか持たないからです。

だから・・・今夜も焼きました。

バタートップ.JPG 

その点インスタントドライイーストはずっと保存が効くのでいいですね。
私が使用しているイーストはフランスの「サフ・インスタント・ドライイースト」です。
タッパーに入れて冷凍庫で保存しています

サフ.jpg 

posted by petitfous at 00:58| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

5月のパン

 夕方になりやっと雨も上がったようですが、
明日もまだ「曇り時々雨」らしいですね。

ゴールデンだったかどうか分かりませんが、
5月のお休みも終わってしまいました。

私の場合「自由業」ですので、お休みだからってあまり関係ないのですけれど。
むしろ普段の日の方がいいみたい。

 さて、5月のパン教室は10日(日)と14日(木)、
「ハムエッグロール」「全粒粉のチーズブレッド」を作る予定です。

2009ハムエッグロール.jpg 
上面に茹で卵のマヨネーズ和えをのせたもの

2009ハムエッグロール2.jpg
上面にプロセスチーズをのせたもの
 
2009全粒粉チーズブレッド.JPG
<全粒粉のチーズブレッド>

14日はまだ入れますので、体験レッスンご希望の方はご連絡ください。






posted by petitfous at 17:09| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

今日のパン教室〜全粒粉のチーズブレッド

 
今日は暑かったですね。
外はさわやかな風が吹いているのですが、
教室内は暑いので、クーラーを入れてしまいました。

 今日のパン教室では
ハムエッグロール & 全粒粉のチーズブレッド & カブとセロリのスープ  を作りました。

全粒粉のチーズブレッドは
生協の北海道強力粉を使って、強力粉と全粒粉の割合は4:1にしてみました。

パん3.JPG

焼きあがってから試食をすると粉の味がしっかりとしてなかなか美味しい。
もし見つけたら使ってみてください。。

チーズブレッドは二次発酵の前にはさみで十字に切りこみを入れますが、
躊躇せず思い切ってカットしてくださいね。
その方が焼きあがった時きれいで、チーズも上に出てきます。

パん1.JPG
<思い切ってはさみで十字に切り込みをいれましょう>

パん2.JPG
<手ごねで作ったチーズブレッド>
チーズがかなり噴火いたしました。
posted by petitfous at 22:46| Comment(0) | パン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- 白尾久代 -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
     data-ad-client="ca-pub-8099882896953293"
     data-ad-slot="1550014160"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>