2019年12月06日

Xmasのカップケーキレッスン No.1


皆さまこんにちは。

昨日は群馬県立農林大学校にて
Xmasのカップケーキを作りました。

カップケーキの生地は上のホイップクリームと相性の良いフワフワ柔らかなスポンジ生地にしました。
33C7CF3A-D1DD-4194-9A85-E18819656F96.jpg

C73846D3-BD09-4530-BE66-FC00F7F9CD47.jpg

BA6D6F0D-F604-4E93-9CE3-D97796B3D499.jpg



C450D4E2-39AF-4794-87E2-826B68772A22.jpg
チーズムースとオレンジのゼリー
posted by petitfous at 06:35| Comment(0) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

片品村へ


ちょっとしたご縁で、、
片品村の方々と繋がって、、

今日は地域協力隊で片品村に来ていたSさんの送別会で片品村に行ってきました。

青年海外協力隊でフィリピンに4年間いたSさんのフィリピンで覚えたお料理がテーブルにたくさん並びました。


今日はとても良いお天気で
片品村の山々がくっきりきれいに見えていました。

もうすぐ雪が降って
たくさん積もったら
今度はスキーで片品村を訪れますよ。


posted by petitfous at 20:12| Comment(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブッシュドノエルのレッスン

皆様こんにちは。
昨日はブッシュドノエルのレッスンでした。

B31A29DA-94EF-4DAF-925C-87F81D487A63.jpg

6BDB1440-15CE-40FC-B176-9ADE409339CA.jpg


B3E7AE03-1A0D-408D-8C77-619176EED54C.jpg

05F6FA41-5B59-41CB-8A81-C7040F33A8F1.jpg

おしゃべりにも花が咲き
楽しいレッスンでした。

皆さん「おばあちゃん」なので
お孫さんと一緒に食べる時まで
冷凍保存だそうです。

ではまた

posted by petitfous at 20:01| Comment(0) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

ムース・オ・ショコラ

皆様こんにちは。
プチフールお菓子教室の白尾です。

朝晩だいぶ寒くなってきました。

朝畑に行ったら霜が降りていました。
現在収穫中の野菜は
白菜、人参、大根、赤かぶ、ラディッシュ、
ブロッコリー、ほうれん草、小松菜です。

大根は色々な漬物にチャレンジしていますが
やっぱりぬか漬けが一番美味しい。

毎日大根、カブ、きゅうりなどを漬けています。

12月のお菓子レッスンは
「チョコレートのムース」
スイートチョコとミルクチョコを合わせて
マイルドな味に仕上げています。

DA79EEEF-631D-4786-B7C5-EEECD8C5070F.jpg
Kさん作

B4222A93-C649-465A-A2D6-039D12770917.jpg
Sさん作


いつの間にか12月
早いですねえ。

昨日スタッドレスタイヤに替えてもらおうと
車屋さんに行ったら
「溝が薄くなっているので新しいタイヤにしたほうがいい」って言われて
結局替えないで帰ってきました。

今日はちょっと値段が安いタイヤのお店があるのでそこに行ってみて考えようと思います。

4日に片品村に行きたいので
その日だけスタッドレスでいいのですけど。。

ではまた
posted by petitfous at 07:54| Comment(0) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

11月のお菓子たち


皆様こんにちは。
プチフールお菓子教室の白尾です。

最近生徒さんが作ったお菓子です。

ミキコさん、メグミさんからのリクエストレッスンはモンブランタルト
25FC2BC8-809D-4FC8-96FC-7BC393F1DF26.jpg
パートシュクレの上に抹茶入りアーモンドクリームを敷き詰めて焼成。

その上に栗の渋皮煮入りカスタードクリーム、
ホイップクリーム、マロンクリーム
という豪華なケーキです。

86D76BBA-3D7F-4A6F-AFB2-26519D90D9EE.jpg
奥のケーキが
モンブランタルトの断面です。

基礎コースではリンゴのタルトを作りました。



DF991DCE-45D8-4581-8494-8B57ABB89628.jpg


応用コース2度目のアヤカさんは
小さなモンブランを作りました。
BDF8936F-DA25-44E6-9820-F499C3907B92.jpg


ミキコさんが持ってきてくれた
タルトタタン
546B34B7-6CC4-4AE7-A1E1-1CDEDE36628C.jpg

キャラメリゼされたリンゴの程よい苦味と
ホイップクリームが調和して
とても美味しかったです。

1CF9E6FE-23DC-4761-B11D-19ACBABC7911.jpg

ではまた
posted by petitfous at 08:59| Comment(0) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

イタリア野菜フェスティバル


皆様こんにちは。
プチフールお菓子教室の白尾です。

オルビス主催の「イタリア野菜フェスティバル」に野菜ソムリエとして行ってきました。

4ADC09A0-6390-4625-B9A0-BE661D46818F.jpg

埼玉県のトキタ種苗がイタリア野菜の種を作っていて
その種で群馬の農家さんがイタリア野菜を作り

その野菜をオルビスという会社が買い上げ

オルビスがスーパー、レストランなどに販売する
と言うシステムらしいです。

今日は珍しいイタリア野菜を使って
「こんな料理ができますよ」
と言う試食会もありました。

4C659C1D-F9A6-4C57-85A2-7CF71D29FA36.jpg

484C399D-A9DE-4DB9-B1BF-F584E4B95132.jpg

D13164D6-7C1E-4AA2-8A28-25FE12EA5C7C.jpg

265D6C3F-DF79-4FEE-AB86-78D6B58EC488.jpg
左上はビーツのポタージュ(美味しい!)
今年もビーツを作ったので、ポタージュ作ってみます。ビーツのディップも美味しかった。

220A3075-2116-4B5B-A0E5-7C855004988E.jpg

84C5F1E1-F1B6-47B8-9ECA-7163E6219C15.jpg
セパチカ=ルッコラ
EAC6A897-4806-4824-85DD-109998651620.jpg

4FA07F89-271C-4AA6-9646-F13AEF645AB1.jpg

395C6C97-ABDC-4188-AC6D-DEEA5D2DF889.jpg
海外の珍しい野菜を育てても
その調理方法がわからないとなかなか一般の方達は買ってくれません。
その辺が難しいところですね。

でもレストラン等では他店との差別化で
珍しい野菜を使ってみたいと思っているところも多いと思いのではないでしょうか。

ではまた。
posted by petitfous at 21:58| Comment(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

手作りこんにゃく  美味しい!


昨年の今頃
実家の近所の農家のおじいちゃんに
こんにゃくの生芋をこんにゃくにしてくれないか
と頼まれ

いとこのみっちゃんちに持っていって
教わりながらこんにゃくを作りました。

今年も生芋をこんにゃくにして欲しいと頼まれたので
今年は一人で作ってみました。

生芋の皮をむき
フードプロセッサーに入れてペースト状にし

大鍋にペースト状の生芋と水を入れ
30分以上ksき混ぜていきます。

だんだんと重くなってきて大変です。

最後に炭酸ナトリウムを入れてかき混ぜ

タッパーなどに入れて表面を平らにし冷めるまでそのままに。

冷めたらカットして水にさらしておきます。(完成)
D190A854-AEBE-4678-81FF-955020E2BFE8.jpg


意外と簡単で面白い!

まだおじさんの家には生芋があるので
来年また作ってあげるね

って事になっています。

煮物にしたら味がしみてとっても美味しいです。
posted by petitfous at 06:42| Comment(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

リクエストレッスンは「マロンのタルト」

今日のリクエストレッスンは「マロンのタルト」。
栗の渋皮煮は長年レッスンに通ってきてくださっているMさんの手作り。柔らかくて美しくて美味しい。
「タルトタタン」も焼いて持ってきてくれました。皆んなお菓子作りが好きなんです。

マロンのタルトは
パートシュクレ、抹茶のアーモンドクリームで焼成

焼き上がったらその上に栗入りカスタード+クレームシャンティー+マロンクリーム

と言う豪華さ
6500245C-9F04-4628-A112-48A727A0270F.jpg
Kさん製作

BD2847A1-C951-4371-9A72-BA68DBFBCA67.jpg
Aさん製作


BD5D6AF4-5193-44FE-BE91-EC39CEAFB7DC.jpg
白尾

最近思うんだけど
絞りなど最後の仕上げは
確実に生徒さんの方が上手くなっている。

私は目もかすみ(笑)  絞りのピークも過ぎたし

師匠より弟子の方が上手くなる、

それは嬉しいことだ!


Kさんが持ってきてくれたタルトタタン
0A0F741B-F84C-4690-AEB2-2DCB563386FF.jpg


ちょっと苦味のあるリンゴとキャラメル味が
生クリームとよく合う
46C906EA-6DD3-4700-85A8-5AF09988723F.jpg

美味しいです。

Kさん、有難う!
posted by petitfous at 23:17| Comment(0) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

JALのビジネスクラスで快適帰路

11月13日(水)

シドニー空港発9時15分の
JALに乗りました。

行きはエコノミーでしたが帰りはアップグレードされてビジネスクラスに乗れました。

4年前にロサンゼルスに行きましたが
そこで初めてビジネスを使い、その快適さ、サービスの良さに感激しました。
がその後は格安飛行機ばかり。。😞

今日は久しぶりのビジネスなのでちょっとワクワクです。

ビジネスの席は各々ボックス型になっていて
角度が微妙に違うので
隣の人の顔はほとんど見えません。
51D98756-D32D-4939-BCF7-5933A7808690.jpg
アメニティーグッズ(要らないんだけど)

席に着くと、キャビンアテンダントの人がシャンパンを持ってきてくれます。

それを飲んだり、手前の画面を眺めたりしているといつのまにか離陸。

約1時間後には食事を持ってきてくれます。

和食か洋食を選ぶことができ私は和食を。
先付は和食も洋食も同じ。
南瓜のアグロドルチェ
エビとアボガドのサルサ
3ACF7D9D-B9E1-4F31-AA90-5F0724865EE0.jpg
お味は普通

次は彩御膳
94AA854C-FBC6-4F50-A931-18B9F197C5D6.jpg


台の物
鱈の煮付けと筑前煮
B4821C21-B2FC-43C6-A7B1-8D614BAC6970.jpg
ご飯と味噌汁と香の物


最後はデザート
これ、お豆腐⁉️
ではありません。
下にアングレーズソースがたっぷり入っていて
その上にアップルクランブルケーキ
7E50E0D8-04B2-45BE-ADC8-813AEA66B155.jpg
最初はもうお腹いっぱいで食べられないと思っていましたが意外と美味しいのでコーヒーと一緒にゆっくりゆっくり食べていたらほぼ食べられました。
少しずつ出してくれるので2時間かけてゆっくり食事。


食事が終わったら
シートを倒してお昼寝
シートはフラットになって伸び伸び寝られます。

午後1時頃、JALの特製ラーメンを頼みました。
202A072D-F07E-44AF-AB60-9F45BC8BA301.jpg
NZのちょっと物足りない味付けに飽きた体には
美味しいです。


69E87992-4BB6-4660-8769-77BCEBEDCB16.jpg
フレッシュ野菜のサラダも頼んだ。

その後も映画を見たり
寝転んだりしながら最後の食事を頼みました。

うどんとしらす丼
8297E5E7-D86A-499C-BAAB-B5EF82CE54C0.jpg

D72A15B8-3B11-4324-AF73-3FA16DD2D40B.jpg

二人でシェアしながら食べました。

私はしらす丼よりおうどんの方が美味しかったです。

まだまだ頼めば持ってきてくれますが
例えば
サンドイッチとか
各種チーズの盛り合わせとか
味噌汁+ご飯+酢豚+ザーサイと野菜の和物

とか・・
でももう
お腹がいっぱいすぎて
アイスクリームは食べられず
お酒も飲めませんでした。

因みに洋食のメインは牛フィレステーキです。
C26E93D3-B474-42E3-A0BF-825C24C311DC.jpg

JALの特製「ラーメンですかい」とマカロンがもらえるかどうか聞いたら
この便には「うどんですかい」しかなく、マカロンもないと言うことで

キャビンアテンダントの人が
わざわざ「うどんですかい」とフィナンシェなどの焼き菓子を持ってきてくれました。
(注)「ラーメンですかい」はJAL特製カップ麺です。

本当によく食べました。😊

家についてお腹が空いたら
「うどんですかい」を食べてみよう(笑)
posted by petitfous at 19:02| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シドニー空港 カンタス航空のラウンジにて


シドニー市内のホテルから空港へ

この空港には
JALのラウンジはないので

系列のoneworldのカンタス航空のラウンジを使っています。
C1DF0F83-8FF6-4F17-B246-AA95F68796F7.jpg
48BDF6ED-95EC-4514-9DDB-8E4AEBDCE392.jpg
ビュッフェには
スクランブルエッグ、ウインナー、ベーコン、サラダ、フルーツ、カップケーキ、パイ、パンなどがあります。こちらのホテルの朝食と同じメニュー。
唯一違うのはお酒があること。


朝から
ピノ・ノワール、カベルネソービニヨン、シラーズの飲み比べ。

あと10分でボーディングです。
posted by petitfous at 06:41| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 オーストラリア、シドニーにて


皆さま おはようございます。

シドニーでの朝を迎えました。

荷物の整理もでき準備OK

これからタクシーで約20分のシドニー空港に向かいます。

ではまた
posted by petitfous at 04:26| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

テアナウ〜クイーンズタウン、そして再びウエリントン


ニュージーランド南島のテアナウで
3泊4日を過ごし、
ダウトフルサウンドとミルフォードサウンドの大自然を満喫し

そろそろ帰路に着きます。

テアナウから車で2時間半
12時頃クイーンズタウンに着きました。

今まで日本人にほとんど会いませんでしたが
ここは日本人観光客を多く見かけました。

ツアーの場合クイーンズタウンを拠点に
フィヨルドの方へ向かうので
きっと多いのでしょう。

クイーンズタウンは
湖畔周辺におしゃれなお店が沢山あって
それらを見て回るのも楽しいです。

44393445-EF85-410D-8697-647FB1366F01.jpg

477A9717-B605-42F0-A613-17C5D869D5D2.jpg

BFEC450D-6CB2-4BCC-856B-318ABAB9275C.jpg

クイーンズタウンを1時間ちょっと散策し
すぐ近くにあるクイーンズタウンエアポートでレンタカーを返し
飛行機に乗って再びウエリントンへ
1時間ちょっとのフライトでした。

ニュージーランド航空だとウエリントンから成田まで直行便があるのですが
JALなので行きはメルボルンで一泊
帰りはシドニーで一泊。

今日はウエリントンからオーストラリアのシドニーまで3時間40分のフライト。

シドニー市内のホテルに泊まっています。

明日はシドニー発9時15分のJAL便で
成田には午後5時頃着。

ではまた。


posted by petitfous at 11:26| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

Milford Sound(ミルフォード・サウンド) へ

テアナウ3日目
昨日はダウトフルサウンドのフィヨルドクルーズでちょっと疲れたので

今朝はゆっくり起きた。
朝起きると小雨が降っていたので
ミルフォードサウンドまでの道をドライブしよう、
もし晴れてきてミルフォードサウンドのフィヨルドクルーズに乗れたら乗ろう、

と言うゆる〜い計画を立てて、
ホテルを11時頃出発した。

テアナウのホテルからミルフォードサウンドの船着場までは1時間半

走っているうちに青空が広がってきた。
やっぱり私は「晴れ女」😊

道の両側は牛が放牧されていたり羊がのんびり草を食べている。
制限速度は100K
E3C82AEA-C422-4C9A-8E3F-82B4E7470516.jpg

そのうちブナ林の中に入っていくと左右に湖が見えてきたりする。

ぶな林を抜けると
残雪の残る尖った山が見えてきたりと
車の窓から素晴らしい景色が迫ってくる。
00563ED9-B291-4A67-AF4E-540382F3465D.jpg

標高はそう高くはないが
山々の頂上には雪が残りスイスのアルプスのよう
(と言ってもスイスに行ったのは30年も前になるからその記憶はあやしいが)
2E566282-DDA7-4681-8724-F66F8C267CC9.jpg

B7C4BB58-7B3A-422C-B2BF-36687EEC5F7B.jpg

9B3A839F-4142-4650-852D-15E5D93747C7.jpg

7E7BAE32-0A8A-452E-B181-AFEFB8AD3C9E.jpg

そんな素晴らしい景色を眺めながら
ミルフォードサウンドの船着場に到着。

3時からのフェリーに乗ることができた。

昨日のダルトフルサウンドの景色と違って
この日は青空が広がり
手前には尖った山マイヤーピーク(1683m)が
くっきり見えてくる。


2FC0CAF2-9366-4ACF-9544-8CA343B4F79D.jpg
スイスのマッターホルンみたい(?)

581BFA56-3523-4A2D-B76B-7C5EAA727E61.jpg
最初の滝をフェリーから眺める。


C405E695-6365-4DE6-B814-9AC069F6F0CA.jpg

ミルフォードサウンドはもっとも人気のあるフィヨルドクルーズだ。

入江に沿った道はないのでクルーズに乗らなければこの景色は見られない。
氷河によって垂直に削り取られた周囲の山々が、1000m以上に渡り海に落ち込んでいる壮大な眺めは本当に素晴らしい!

8C89FC00-4EBA-49B0-B6FE-E7915B32E668.jpg

2457F651-48DC-4596-B432-D5AD76AA4043.jpg

1時間半のクルーズ中、甲板に立ってずっとずっと外を眺めていた。
それだけ素晴らしい景色だった。

タスマン海に出てUターン

44280394-ED1E-4148-A51F-B36C67DDF720.jpg

45DEEF84-EAE8-45AD-A858-BF8C4D98A884.jpg

A6EBD60A-ED46-4C32-A89B-71628F05C87F.jpg

9D2A86D3-5E17-4CA1-880B-38B3A22FB3EE.jpg

5074B8FD-ED62-47DE-9187-F82A1DAB4333.jpg

5A8FFE9E-1A68-413E-A006-1A503ED05028.jpg

A7C69B9E-80C9-4580-8D32-913F56DFB760.jpg

ECB0DA6E-1B90-4259-A01B-43A3F3F23B8B.jpg

D2975D29-3E0E-44C3-9847-9FF71CC3BB0A.jpg
船着場が見えてきた。


再び車に乗って帰ってきました。

 

E185ED0E-6B0B-4AB8-8BCB-B64D834292B8.jpg



帰る途中のミラー湖
鏡のように写っています。
01DE8CC6-0494-4D9E-B81B-0DB391CE5787.jpg

2C9B2114-CD19-40A9-87FD-1E1F37768F2F.jpg

ではまた。











posted by petitfous at 11:47| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

Doubtful sound (ダルト・フル・サウンド) テアナウにて


ニュージーランド滞在、あれ?
何日目?
成田を出てから9日め

首都ウエリントンから飛行機でクライストチャーチまで来て、
レンタカーで約3時間、、レイクテカポ着
レイクテカポで2泊

昨日は
レイクテカポからどんどん南下して
クイーンズタウンを経由
約7時間かかって
テ・アナウという街に着きました。
宿のすぐ目の前はテアナウ湖です。

この街はミルフォードサウンドやダルトフルサウンドのフィヨルドを見に行く中継地。


私達は
初日ミルフォード・サウンド
次の日ダウト・フル・サウンドに行こうと思っていたのですが
ミルフォードサウンドはトンネルに行く途中で雪崩かなんかがあったってことで通行止め

それで
今日はダウトフルサウンドに行ってきました。

宿泊地から車で約20分「マナポウリ」というフェリー乗り場で小型のフェリーに乗ります。
マナポウリ湖を東から西に横断し
約40分で地下発電所に着き下船。

そこには大型のバスが3台待機していて
私達はそれに乗って
深い森の中を進み
ディープ・コープ・ワーフまで
(ここは車は入ることはできません)

途中いくつも滝があります。

ED849B96-3916-4F93-B1BD-47FAA62FC53E.jpg
上からフィヨルドを眺める。


バスから降りて
再びフェリーに乗りこみ
いよいよ
ダウトフルサウンドのフィヨルドを
タスマン海のほうに向かって進みます。
04820BD8-B795-4A3F-B9E0-5C1BA0042CD8.jpg

C41EA542-D02B-4FAD-9108-F24EBEC13537.jpg



419C24BF-02F9-4748-8583-5B39ECF3907E.jpg
山の上から滝がフィヨルドに流れ落ちています。


タスマン海に近くなると海面が違って見えます。
とても風が強く荒々しい波
フィヨルドを抜け出て海に出たということを肌で感じました。

少しだけタスマン海に出て船はUターン。

帰りの途中、デッキに出たらカップを渡され
これで滝の水をキャッチして飲んでみよう
ってアナウンスがあり
船は水しぶきの上がる滝の方にぐんぐん近づいていき、
コップ片手に滝の方に乗り出した人達
と、。ざーと上から滝のような(ってまさに滝ですが)水がかかりみんなびしょ濡れになりました。

私もコップに滝の水を入れ
少し飲むことができました。

でもびしょ濡れ。。
濡れたけれど
最後のハイライトで楽しかった!

70BED986-0FA3-441B-9394-9D68B4D8FD54.jpg141AB2D5-03E6-4782-8FB1-222C07513604.jpg

B93FF2B8-2940-4B70-87FA-472EF8B51E4A.jpg
再びダルトフルサウンドのフィヨルドをクルーズして帰ってきました。

651FC6D5-B121-4496-8936-A5720DC047CF.jpg
posted by petitfous at 15:16| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

マウントクック Sealy Tarns Track トレッキング


レイクテカポ(テカポ湖)  2日目

ニュージーランド最高峰のマウントクックに登頂❗️
することはできないので
マウントクック周辺のトレッキングに行ってきました。

宿泊したレイクテカポから約1時間のドライブでマウントクックキャンピング場に着きます。
ここからいくつものトレッキングコースがありますが、

私達はセアリー・ターンズ・トラックというかなり急な階段が連続するコースを行くことにしました。ここはかなり眺めがいいらしい。
往復3〜4時間のコースです。

どんどん登って高度を上げて行くと
眼下に見える氷河湖や周りの山々がどんどん変化して行き、それらの景色を眺めながら登って行くのは本当に楽しい。

朝方8時頃は雨が降っているし寒いし、で
登って行けるのかと思っていましたが
9時頃には雨も止み太陽も出てきてトレッキング日和になりました。
576A0D9F-D246-4DD9-85FF-05A9F0095559.jpg
最初登り始めの景色はこんな感じ。
奥の左端がマウントクック(3,724m)

3FFB8AD0-18AB-483E-B8BA-78D1CF04BDD0.jpg
手前に氷河湖が見えてきました。



F69EEBC3-A166-439F-A534-BCFFE2F668E1.jpg
もっと高度を上げると手前の氷河湖はさらに大きく見え、
もっと奥にはもう一つ氷河湖が見えてきました。

9D269FF1-14CC-46C1-A0BA-EEF701693A39.jpg
マウントクックは雲に隠れ
なかなかその全体像を見せてくれません。

605AA8F1-AF9C-4AF3-8A64-C1B3EA54BC78.jpg

4739BC10-905D-4669-AD09-8848599EDE41.jpg

20601C98-9AFC-445E-915E-619F6A2149FD.jpg


32B4710F-FD2F-4B9D-B2A0-3D1E8D09EF2B.jpg
セアリー ターンズ トラックはこの標識までで引き返します。
登山道はこの先ミューラー小屋へと続いていますが、そこまで行くと往復8時間はかかるので
普通の人はここでUターンします。

私はがれ場をもうちょっと上まで登ってから
岩になってきたので帰ってきました。
上から降りてきた人に聞くと
「もっと上に行くと雪がたくさんあって危ない」
とのことでした。

8873E64F-CDC8-40CB-89FD-F3120D807A88.jpg
3月に南米のフィッツロイの雄姿を見てきましたが、ニュージーランドのこちらのトレッキングコースの方が数倍素晴らしい。
セアリー ターンズトラックは
お勧めのトレッキングコースです。


7334E210-624D-4D61-B75B-6669B4EC0F32.jpg


さて、レイクテカポ1929
に帰ってきてから私は夕食作り

今夜の夕食は
サラダとパスタとローストビーフとマッシュルームのバター炒め
でした。
B5DC1241-F296-4051-8AA9-401D19669586.jpg

A1FCA132-7D25-4E6E-9003-F5BF828B9E16.jpg

B4F74234-876B-4003-BF99-FB7C64757477.jpg
コテージのすぐ目の前のレイクテカポ
湖面がブルーです。








posted by petitfous at 15:57| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

移動日です


成田を出てからもう6日も経つらしい。
4日間過ごしたウエリントンにサヨナラをして

ウエリントン〜南島のクライストチャーチまで飛行機で1時間。

その後レンタカーを借りて今夜の宿のあるテカポ湖にやってきました。

ここは世界遺産のマウントクック山が見え素晴らしい所です。
夜は星も綺麗に見えました。


B3DE79F8-14B7-4A48-88E3-4ED4A76462EC.jpg
テカポ湖畔にはルピナスが自生しています。
向こうに見える山はニュージーランド最高峰のマウントクック



49D45326-3F98-48D0-9B09-302EFF473263.jpg

4712275C-3350-475E-BA65-ADF9528AA115.jpg
「善き羊飼いの教会」という名前の教会だそう

相変わらずご飯当番。
今夜は牛肉のステーキとサラダ
C23C5922-7C60-4698-8981-7D8E723A2FE8.jpg

4DD42EBE-0447-4505-9069-55CD6296EDA8.jpg




posted by petitfous at 15:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

ボタニカルガーデンとジーランディア in Wellington

ウエリントン2日目

一人でケーブルカーに乗って山の上にあるボタニカルガーデン(植物園)と
ジーランディアという自然園に行ってきました。ジーランディアは絶滅危惧種の野生鳥類保護区で
バードウォッチングをしながら約2時間のトレッキングを楽しめます。

3時頃エントランスまで戻ってきて
ジーランディアのカフェでサンドイッチとジュースで休憩
8B9B849B-637A-4B83-B244-661EEFDE7DE5.jpg

EEC896FE-FEFC-42B9-96F7-3C832B5F464C.jpg
中には色々な具材がいっぱい入ってました。

夜は
連れ合いが仕事の為再び出かけて行ったので、
私はホテルから25分の所にある「ピザ ポモドーロ」というピザ屋さんでマルゲリータを調達。
ナポリ協会認定、ウエリントンで人気のピザ屋さんです。
4903CD85-67C7-4EF3-A7D2-E36D1CE9064B.jpg

B3B63450-AB66-40FB-8ECE-A0533525A6FE.jpg
このお店は店内で食べても箱に入れてテーブルに持ってきます。
小さなお店なのでみんなテイクアウト。

私もピザを抱えて再び25分歩きホテルまで帰ってきました。
やっとピザが食べられた!

ちょっと冷めちゃったけど、スーパーで買ったワインとチーズで乾杯です。
posted by petitfous at 17:37| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

ニュージーランドへやってきました。

皆さまこんにちは。
白尾です。

11月1日成田空港を出発して
2日ニュージーランドの首都「ウエリントン」にやってきました。

ニュージーランドはオーストラリアの右側の島、
北島と南島から成り立っています。

首都のウエリントンは北島の南の海沿いに位置しています。

今日は毎日曜日に開催されるマーケットに行き
92A35E9A-6A47-49B2-BE77-2B134E20F2C9.jpg

0659669A-CC23-43C2-9BB9-877219E15CD9.jpg

D1BF28A7-196C-4762-89F3-A41C92AB25B1.jpg

7697B41D-18FD-43F2-9D37-74015668E7A1.jpg

その後ビクトリア山(196mの丘)に行ってきました。。ウエリントンの町が一望できる場所です。
66A5A461-80B8-4E68-A774-C33A8D7330CA.jpg
海風が強い。

海岸沿いのクイーンズ ワーフにはおしゃれなカフェがたくさん!
FF36D29B-2821-4F81-9721-63AF3F76FEC9.jpg

夜はキューバストリートを歩く。
ここもカフェがたくさんある。

ウエリントンはカフェ文化が根付いているようです。
posted by petitfous at 20:15| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

レモンの摘果


皆さまこんにちは。
朝晩急に涼しくなってきました。
日中はまだまだ日差しが強いですけれどね。

5年目にして実がいっぱいついたレモンの木。
摘果しないと小さな実ばかりになってしまうそうで、ちょっと遅い感もありましたが摘果。

D0652156-B437-4858-9182-E3FFE9E59F19.jpg

摘果した青く硬いレモンは勿体無いので
砂糖漬けにしました。

5043287B-889F-40BF-B160-114145010A2A.jpg
レモンは完熟でも未熟なものでも
酸っぱさは同じ。

4583B3B5-361C-4005-9F9D-D0E4AD0ECB93.jpg

先日のシュークリームのレッスンです。


posted by petitfous at 22:43| Comment(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

イチジクのコンポート&イチジクのジャム


9月13日(金)
皆さまこんにちは。
プチフールお菓子教室の白尾です。

今日は4時過ぎから従姉妹のみっちゃんちに行ってイチジク採り。

といってもおじさんがイチジクを採ってくれ私はそれを受け取るだけでしたけど。
9AA037D5-BE88-46A0-884F-52200EEB4DC5.jpg

98B7F86B-7F5A-4C53-B9D4-A7D134234105.jpg
無農薬で育てたイチジクだそうで
丸ごと皮ごと水分と砂糖でコンポートに。
昨夜飲んで余っていた日本酒と瓶に少し残っていたシードルも入れちゃいましたよ。(きっと美味しい!)

32E9BAF9-464F-47D6-BB68-05B641AD1F54.jpg

0B40859E-C400-44F0-806D-6E9946B196E5.jpg
出来上がったコンポート
砂糖は水分の半量弱。
出来上がったコンポートのイチジク自体はそう甘くない。

たっぷりのシロップは甘くて美味しい。
牛乳に入れてスムージーにしたり
炭酸を入れて飲んだり、。。。

もう一品はイチジクのジャム。
イチジクのジャム初めて作りました。
プチプチして意外と美味しいんですね。
61C1CF21-9A1D-48BF-A375-DE3D939F35F1.jpg

イチジクの木は左右に大きく枝が広がって嫌なんだけど、イチジクの木育ててみようという気になってきた。
そう言えば今年初めてレモンの木にレモンがなりました。まだまだ青いですけど。
69B333C7-EE88-4B7F-9FDA-F2E2ADC09A1A.jpg
メキシコで買ってきた器にコンポートを入れてみました。

C2D4921F-260E-4ACC-A858-BD07031686B2.jpg
イチジクのコンポート+バニラアイス(イチジクのジャムを添えて)



posted by petitfous at 18:52| Comment(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- 白尾久代 -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
     data-ad-client="ca-pub-8099882896953293"
     data-ad-slot="1550014160"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>